ブックメーカーやり方

ブックメーカーは違法?合法?どっち?

投稿日:

ブックメーカーは違法なんでしょうか?合法なんでしょうか?

 

これからブックメーカーを始めようかな?

 

という方にとっては知りたい所ですよね。

 

 

今回はブックメーカーが日本の法律でどのように扱われているのか?

 

を中心にお伝えしていきたいと思います。

ブックメーカーは違法?合法どっち?

 

ブックメーカー日本の法律ではどうなの?

ブックメーカーは日本の法律でいうと「グレー」です。

 

違法でもなければ合法でもない。

 

取り締まれない、というのが近いでしょうか。

 

まず、仮にブックメーカーが違法なのであれば

 

「賭博罪」という罪が適用されます。

 

しかし、賭博罪というのは、

 

胴元と賭ける人がそろった法律用語でいう所の「対抗犯」になった時

 

賭博罪に抵触することになります。

 

 

しかし、ブックメーカーというのはブックメーカー=胴元が海外の会社となります。

 

すると賭ける側が日本人であっても胴元が日本ではないので賭博罪が適用されません。

 

かんたんな例として、

 

ラスベガスに日本人が行って儲けても、誰も裁かれないのと同じ考え方になります。

 

オンラインカジノでの逮捕者

オンラインカジノとブックメーカーではまた種類が違うのですが、

 

同じオンラインでの賭け事という部類では一緒なので、

 

過去オンラインカジノでの逮捕者の扱いについて見てみましょう。

 

 

数年前、日本国内でオンラインカジノで初めて3人の逮捕者がありました。

 

うち二人は罰金を払って略式起訴。

 

もう一人は弁護士を付けて争いました。

 

結果としてはオンラインカジノの胴元が日本になかったため、

 

検察側も不起訴にしました。

 

理由はブックメーカーと同様に胴元が日本にないから賭博罪が適用にならない、ということですね。

 

 

このオンラインカジノでの逮捕者が出た経緯というのは、

 

オンラインカジノの胴元は海外にあったものの、

 

オンラインカジノのディーラーが日本人だったために目を付けられたようです。

 

ブックメーカーは自己責任で

結論はブックメーカーはグレーとなりますが、

 

ブックメーカー投資で稼ぐかどうか?はあくまで各々の自己責任となります。

 

個人的には法律そのものが適用にならないことと、

 

今までブックメーカーでの逮捕者がいないので私は特に問題なく

 

ブックメーカー投資を楽しんでいます。

 

参考にしてみてください。

-ブックメーカーやり方

Copyright© ブックメーカーはやり方を覚えて稼ぐ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.